本場の豚骨ラーメン

豚骨ラーメンの代表的存在といえば博多の豚骨ラーメンです。細麺であることや、コクがあるのに脂っこさが感じられないという繊細な味は県内だけではなく、全国にファンがいます。そんな博多の豚骨ラーメンの具材は、シンプルであることが多く、シンプルなものが多いです。

お店によって違いはありますが、博多の豚骨ラーメンの具材には、チャーシューやきくらげ、ネギ、海苔を入れているお店があります。中にはチャーシューがないお店もありますが、この場合は追加のトッピングとして入れることもできるようです。

博多の豚骨ラーメンでもっとも定番とされているトッピングは、紅しょうが、辛子高菜、白ゴマです。これらは、ラーメン屋さんのテーブルにはじめから設置されているものなので、博多豚骨ラーメンにとっては正になくてはならない定番のトッピングといえるでしょう。

また、この紅しょうが、辛子高菜は、博多の人であればラーメンが運ばれてきた段階から入れることはほとんどいません。はじめに麺とスープをよく味わった後に食べている途中から入れるのがポピュラーなタイミングになります。紅しょうがや辛子高菜は味が強いため、はじめにいれてしまうとせっかくの博多豚骨ラーメンの味が消えてしまいます。ただ、紅しょうがや辛子高菜は博多豚骨ラーメンとの組み合わせは抜群です。