全国の豚骨ラーメン

九州から全国に広がった豚骨ラーメンは、各地で変化を遂げ、それぞれのエリアで楽しまれています。九州とそれ以外の豚骨ラーメンの違いは、大きく分けてみると、脂の量が異なるという点が大きいです。九州は比較的サッパリしたスープで、それ以外の地域では、こってりとした豚骨ラーメンが多く存在しています。

そんな、派生タイプの豚骨ラーメンの定番のトッピングは、チャーシューです。チャーシューの厚さは各お店によって変わるものの、必ずといっていいほどチャーシューが入っています。脂ののった豚バラをチャーシューとして使用するお店も多く、こってりとしたスープにあったボリュームがあります。次に定番として多いのが、ネギ、海苔、煮卵です。本場の博多豚骨ラーメンと比べると定番のトッピングにボリュームを感じられます。

また、最近では、本場の博多豚骨ラーメンの食べ方に見習って紅しょうが辛子高菜を置くお店も多いです。本場博多から全国に広がりを見せている豚骨ラーメンは、味やトッピングに違いがありますが、それぞれの美味しさがあります。さらに、ネギやチャーシュー、きくらげは、お店にもよりますが、本場とその他の地域どちらにも共通している定番のトッピングでもあることから、豚骨ラーメンと相性抜群のトッピングだと言えます。ちなみに、愛知で豚骨ラーメンを食べることができる「鶴亀堂」があります。九州に行かずとも本州で食べることができるので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。